コラム

違憲・無効な戦争法(安保法制)を「廃止」へ、さらに運動を発展!!

参院特別委員会で採決もされないまま、中身も手続きも「違憲・無効」の「戦争法案」(安全保障関連法案)は、9月19日未明に成立し、189回通常国会が9月27日に会期を終了した。
石川県内では、国会周辺や全国各地での戦争法案「廃案」の動きに連動し、連日、「廃案」にむけて独自のたたかいを展開してきた。

 

雨にも負けず、アベにも負けず

8月30日に金沢市犀川河川敷で「戦争法反対!」「憲法改悪阻止!」を呼びかける8団体(石川県憲法を守る会、石川憲法会議、九条の会・石川ネット、石川県平和運動センター、石川県労働組合総連合会、戦争をさせない1000人委員会・石川、戦争をさせない石川の会、青年法律家協会北陸支部)が「安倍政治を許さず、安保法案の廃案を求める石川県民大集会」を約1800人が参加し開催、市内をデモ行進した。

st00

 

社民党石川県連合・「戦争法 廃案!」県内キャラバン

9月5日(土)~6日(日)の二日間にわたって党県連合は、県内全域を「戦争法 反対!」を訴えキャラバンを展開した。県内各地域、支部では、役員等が現地でキャラバンに参加。七尾市では満90歳の松田清良七尾支部代表が、自らの戦争体験と平和の大切さを訴えた。
珠洲市では、北野進市議会議員と合流。ピーススタンディングの市民の皆さんと一緒に街宣行動を実施した。キャラバンは、行くところ、行くところで、約8割の多くの市民から手などを振っての激励を受け、世論調査の結果の通りの市民の「声」を実感した。

sd05 sd07
七尾市内でマイクを握る松田支部代表      ピーススタンディングの北野市議会議員と合流

 

ピーステントと「戦争法案 採決するな!緊急集会」に800人

 s01 s02

9月14日(月)「戦争法反対!」「憲法改悪阻止!」を呼びかける8団体は、ピーステントの初日とそれに続いて開催された「戦争法案 採決するな!緊急集会」で、800人が採決するな!の声を上げた。
参議院での強行採決を狙う安倍政権に、石川からも再度採決するなの声を上げよう! これまでの皆の努力が、ここまで政府を追い詰めてきた。さらに声を集めよう! 若者も、ママも、子どもも、オーバーシールズも。シルバーも…夜の繁華街、延々とデモ行進が繋がった。

 

「戦争法案」の参議院委員会採決強行の暴挙に断固抗議!!

9月17日(木)午後4時30分頃、参議院平和安全特別委員会の鴻池委員長は、委員長不信任動議の処理の後、社民党はじめ、民主党、生活の党、日本共産党、維新の党、無所属クラブが反対する中、締めくくり総括質疑を省略し、「戦争法案(「平和安全法制整備法案」、「国際平和支援法案」)」の採決を強行した。 この採決強行は、民主主義を破壊する暴挙であり、社民党県連合は午後5時30分から金沢駅東口で、激しい怒りを込めて、議員団による抗議の街宣行動を行った。 終了後は、金沢市四高記念公園で行われたピーステントの抗議集会に参加。 集会には初めて県内の野党3党(社民党、民主党、共産党)の代表者が参加し、それぞれ連帯の挨拶があった。

 s04 s03

 

県内初、3野党が、安保法案の廃案で共同街頭演説

9月18日(金)初めて県内の社民党、民主党、共産党の3野党が、安保法案の廃案で共同街頭演説を
実施中した。社民党石川県連合・盛本芳久代表、民主党石川県総支部連合会・近藤和也代表、共産党石川県委員会・佐藤正幸副委員長が街頭演説で、戦争法案の廃案を訴えた。

s05

今後は、戦争法「廃止」へと、こうした動きをさらに発展させていく。

 

 

2015年 統一自治体選挙闘争の結果

2015.5.7 社会民主党石川県連合

(1)県議会議員選挙

■金沢市選挙区 投票率 41.56%  定数/候補者数 16/17
 当 8,252票(10位) 盛本よしひさ 社民党・公認 4期(前回9,198票・11位)

■加賀市選挙区 投票率 56.97%  定数/候補者数  3/6
 落 4,276票(5位)   若林あきお 無所属・党支持(5期)(前回・無投票)

(2)市議会議員選挙

■金沢市    投票率40.37%  定数/候補者数 38/43
 当 4,941票(1位)   森かずとし   無所属・党推薦 4期(前回5,200票・1位)
 当 3,564票(13位) 山本ゆきこ   無所属・党推薦 3期(前回3,809票・14位)

■小松市    投票率64.75%  定数/候補者数 22/28
 当 1,947票(13位) 浅村きよし   無所属・党推薦 2期(前回2,718票・6位)

■輪島市    投票率77.73%  定数/候補者数 17/19
 当   934票(13位) 高田まさお   無所属・党推薦 4期(前回1,032票・6位)

■珠洲市    投票率81.51%  定数/候補者数 14/16
 当   712票(7位)  北野すすむ   無所属・党推薦 2期(前回926票・2位)

(3)町議会議員選挙

■内灘町    投票率61.57%  定数/候補者数 13/17
 当   947票(5位)  清水ふみお   社民党・公認  5期(前回634票・10位)

 

11.18特定秘密保護法案阻止!

佐高 信さんを迎えて「9条あるがに、戦争する法律つくらんといて!」

県民集会に300人結集!

佐高 信さんの講演内容がご覧になれます。http://www.ustream.tv/user/FM4649

gogai02社民党の党首選挙は、10月12日(土)、13日(日)に全国で投票が行われ、10月14日に開票の結果、吉田忠智さんが当選されました。

 

 当選  吉田忠智さん  9,986票
 石川大我さん  2,239票

 

 有権者数  17,410人
 投票総数  12,478票
 有効投票  12,225票
 投票率  71.67%

 

県内投票率及び都道府県別集計結果【PDF:109KB】

seiskau1b

 

seisaku1a

 

<param

「ネット選挙」解禁に伴う禁止行為(規制)

引用:社民党・水戸市議会議員 玉造順一「ツイッター」

 

①「選挙運動期間外に選挙運動をしてはいけません!」。従来から事前運動は禁止されていますから、ネット選挙運動は選挙の公示・告示日から投票日の前日までしかすることができません。公示(告示)日前や投票日当日にツイッターやブログなどで「〇〇候補に投票を」と呼びかけるのは×です。

 

②「有権者はメールで選挙運動をしてはいけません」。メールで選挙運動ができるのは候補者や政党(役職員)だけです。有権者がメールで当選や落選を呼び掛ける運動はできませんし、候補者などから送られてきたメールを他の人に転送することもできません 。

 

③「未成年者は選挙運動できません」。満20才未満の人は、これまでも選挙運動をすることができませんでしたが、もちろんネットを使った選挙運動もできませんので、保護者の監督が重要です。

 

④「HPやメール等を印刷して配ってはいけません」。選挙運動用のホームページや、候補者などから届いた選挙運動用のメールなどをプリントアウトして配ってはいけません。

 

⑤「候補者に関し虚偽の事項を公開してはいけません」。当選させない目的をもって候補者に関するウソの情報や、事実をゆがめた情報をネット上に掲載したりツイッターなどで流すと、4年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処せられます。

 

⑥「ネット選挙運動をする人は、自分の名前や身分を正しく表示しましょう」。当選または落選させる目的でネット上やメールで運動する人は、真実に反する名前や名称、身分の表示をしてはいけません。これに反した場合、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処せられます。

 

⑦「悪質な誹謗中傷行為をしてはいけません」。候補者など、人の名誉を毀損したり、公然と人を侮辱したりすると、当然のことながら刑法で処罰されます。

 

⑧「候補者などのウェブサイトを改ざんしてはいけません」。不正な方法で選挙の自由を妨害すると、選挙の自由妨害罪で4年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処せられますし、不正アクセス罪にも問われます。

 

より詳しい情報は、ネット選挙解禁に伴う改正公選法の「ガイドライン」総務省HPの特設ページをご参照ください。