社民党 地方議員、国会議員 候補者募集!

  社民党石川県連合は、来春執行予定の統一地方自治体選挙をはじめ、各種選挙に立候補する意思のある方を公募します。
 公募により、広く一般市民に政治参加のチャンスを提供するとともに、地域における有権者の意見を政治に反映し得る有為な人材を発掘・擁立することを目的とします。
 社民党から立候補を目指したい方は、下記の要項で応募してください。

 

選挙候補者公募要項

1.公募主体
  社会民主党石川県連合
2.選挙種類
  2019年石川県議会議員選挙および市議会・町議会議員選挙。
  参議院議員選挙、衆議院議員選挙。
3.応募資格
  日本国籍を有し、当該選挙時に被選挙権を有する男女。 
  社民党を支持し、社民党に入党できる人。
  原則として、当該選挙の選挙区に居住する人。
4.応募方法
  次の3点について、社民党石川県連合あてに送付する。(郵送orメール)
  (1)経歴書 市販・私製、書式は問わない。
  (2)顔写真 サービス版(カラー、3ヶ月以内に撮影したもの)
  (3)小論文
     以下の2点を中心に2000字以内で作成してください。
     ①あなたの仕事の経歴、社会活動、経験などについて
     ②政治を志し、議員をめざすとき、なぜ社民党を選ぶのか。
③政治に対する日頃の思い
5.選考・審査
  応募された方の中から随時、書類選考・面接などにより審査を進めます。
  選挙の候補者としてふさわしい人材であると判断する方を有資格者として、順次、希望の選挙・選挙区などについて協議を進めます。
6.その他
  個人のプライバシーは十分配慮し、選考過程も含めて秘密は厳守します。
  尚、応募の際の提出書類については、返却しません。
7.連絡先
  〒920-0862 金沢市芳斉2-15-15第1奥野ビル2F
  TEL 076-233-3360 FAX 076-233-3391
  E-mail  syamin@gaea.ocn.ne.jp

 

第21回県連合定期大会開催

統一地方選挙は議席拡大!
参院選へ県内での野党共闘の前進をめざす!

党県連合は、4月22日に金沢市県地場産業振興センターで第21回定期大会を開催し、来年の統一地方選挙、参議院選挙にむけ、安倍改憲NO!3000万署名の活動等により、支部体制や広報宣伝活動を強化する方針を決定した。

挨拶で盛本芳久県連合代表は、「平和と民主主義を取り戻し、憲法を守り抜くためにも統一地方選と参議院選の取り組みが重要だ。
統一選は現有議席の確保はもちろん、空白区の解消にむけて早期の候補者決定を行う。参院選は、一強自民に勝利しなければならないだけに、野党共闘へ社民党の役割は大きい。その構図をつくっていきたい」と決意を述べた。
来賓には参院選での野党共闘をめざして県内野党勢力の代表を初めて招き、挨拶及びメッセージで安倍政権打倒へ結束を確認した。

全国連合を代表して、福島瑞穂副党首が出席し、森友・加計学園や防衛省の日報隠蔽問題、セクハラ疑惑での財務省の対応に対し、「嘘が支配する政治、教育とメディアをコントロールする政治を許してはならない。参院選は政党要件が懸るだけに勝利し、未来を切り開こう」と挨拶。谷本正憲知事はじめ、県内野党勢力や連合石川の西田満明会長など労働団体の代表者から祝辞を受けた。
新運動方針及び予算、最後に大会宣言を決定して大会を終了した。